銀行よりも危険と安心の境目を行きかう個人融資の実態

個人融資を受け取ってあなたはハッピーFeatured

お金が必要だと思うのはこの世にいれば誰しも考えることです。
すでにお金があるとしても、できればもっと多くのお金が欲しい。もっとお金を持っていれば…。と考えるでしょう。
お金があれば、もっと行動の幅が広がるのに。
行ける場所も増えるでしょうし、手に入るものの数も増えます・
もしも今の自分にもっとお金が必要だと思っているならぜひ個人融資を受け取ってください。銀行が融資を行うのは何も企業などの大規模小口相手だけではありません。個人融資なら一市民、なんでもない一般人でもお金を借りることができるのです。


<個人融資はやっぱり銀行カードローン>

銀行からの個人融資とならばいろんなローンがあり、その必要に応じて使い分けることができるでしょう。
なんのためのお金とするのかによって利用するローンの種類は変わってきます。
その中でも突出して自由にお金を借りて、そのお金を利用。そして返済にも自由度が高いのが銀行カードローンです。
申し込みも簡単。審査もすぐ終わる。借り入れたお金の使い道は自由ときているので、色んな方にお得を感じてもらえるはずです。
また、どういったカードローン会社があるのか知りたい方は、「銀行カードローンナビ」というサイトが非常に参考になります。


<もう頭がおかしくなりそう>

日々普通になんでもない日常を送っているだけで、もう頭がどうにかなってしまいそうだと感じています。
でもこれはどこまで当たり前なのでしょう。誰しも苦しい生活を送っているとは思いますが、だんだんとこれに慣れていけば良いのか。もういっそ最初からこれはこれだと受け入れるのか。
今の自分のようにたまの休みに思いっきり息抜きするのが良いのか。難しいところです。
いずれのやり方だったとしても等しく、お金がかかるのですが。

個人融資の信頼性についてFeatured

基本的に銀行など貸金業を生業とする機関は国に許可を取り固有の番号を取得し金融庁管理のもと貸金業をとりおこないます。固有の番号はインターネット上でも簡単に検索をすることが出来その番号を持っていることで合法の貸金業を行っているという証拠になるのです。

しかし、個人融資ではそのような番号を取得することが出来ないため利用者自身がその信頼性を確認する術はありません。


○募集の掲示板には何が記載されているのか○

個人融資で検索をかけると真っ先に出てくるのが匿名の融資掲示板です。そのサイトにはお金を貸したい方の貸せる金額や住まいの都道府県、融資の条件などが詳細に記載されており中には借りたい方へのメッセージも載せられています。そして借りたい側のページには年齢とニックネーム、何故借りたいのか・いくら借りたいのかという情報が投稿され、両者がお互いに情報を確認することが出来るようになっています。


○個人融資では何を基準に信頼をするのか○

個人融資の掲示板に投稿するためにはメールアドレスや住所、氏名や電話番号などの個人情報を登録した上でお金を借りたい・貸したいというそれぞれの掲示板に投稿することが出来ます。しかし登録の際に個人を確認するような書類の提出は求められないため、冷やかしで投稿する人間も多いのです。

掲示板上にとても良い条件でお金を貸せるという投稿があってもそれを頭からつま先まで全て信頼出来るのかと言うとそうは思えない仕組みです。お金を借りるということは信頼の上で成り立つ行為になるため利用する際には今一度考え直してみて下さい。

個人融資をこれから利用する方へ

個人での貸金業としてお互いを助け合うためだと考え対応をしている場所も確かに存在するのかもしれませんが、銀行や消費者金融を名乗って人からお金をだまし取ろうとしている悪質な個人融資もあります。

どこでどのような手段でお金を借りるのかということについては個人の判断にゆだねられるため、自分がもし万が一犯罪に巻き込まれた場合・騙されてしまった場合にどのような対処をすれば良いのかについてしっかり頭に入れておく必要があります。


○個人融資は相手が逃げやすいという点がある○

お金を借りるにせよ貸すにせよその相手が本当にその人間であるのかという確認が必要になります。住所も電話番号も架空のものを利用したり第三者の関係ない情報を利用したりことも出来るため、個人情報の確認はかなり重要なことなのです。もしお金を貸すまたは借りる相手が自分に対して個人情報を提供しないという場合には利用しないことをおすすめします。何故なら騙された場合に個人融資の契約をした相手を探し出す情報が一切ないということになるからです。


○損害を受けた場合はまず相談すること○

もし個人情報などの提供がない相手からお金を借りたり貸したりして自分に損害が出た場合には、隠そうとせず消費者センターなど国の相談窓口に連絡をしてください。被害にあったことをそのままにしていると自分が損をしたままでもあり新しい被害者を作ることにも繋がります。

騙された時には必ず通報・相談をすること、これから個人融資を利用したいと考えている方はそれを頭に入れて相手とやり取りをするように心掛けましょう。

個人融資の裏の顔とは

色々な金融機関に申請をして落ちてしまった方や大きな借金を抱えて首がまわらないという方、ちょっとした出費の対応をしたいがクレジットカードの限度額を超えてしまっているという方など、お金で困っている方にとても重宝されている個人融資。

しかしその実態は銀行や消費者金融とはかけ離れたブラックな金貸し屋なのです。


○確かに誰でも借り入れ可能ですが○

これ以上借り入れ出来ないという方や過去に債務整理をしたことがあり自己破産をしたという方でも借りることが出来るため、個人融資を行う方も利用する方も年々増加傾向にあります。インターネット上で行うため家族などの身内に知られることもなくお金を借り入れ出来個人間のやり取りで済むため信用情報に履歴が残る訳でもないため、学生やお年寄りの方にも利用されています。
しかしその自由度はどこから来ているのでしょうか。周囲に知られずに済むという環境や一対一で全てが終わるという条件は相手にも与えられています。もし自分が損をするようなことになった場合お金を借りた方は泣き寝入りする他なくなるのです。


○個人融資は何が目的なのかわからない○

個人融資の怖いところは相手が何を思ってお金を貸しているのかわからないという点です。通常の金利より高い設定で募集をしているのであればわかりますが、銀行や消費者金融よりも安い金利でお金を貸そうとしている金貸し屋もいます。手間も時間もかかるというのに何故このようなことをするのか、それはいずれ自分の利益になるからこそ行うことであり、良い人間の皮をかぶった悪魔のような企みを抱いている可能性もあります。
ご自身が犯罪に巻き込まれることがないよう個人間での融資はあまり利用しないようにしましょう。

あまり聞きなれない個人融資という金貸し屋

銀行や消費者金融などで多く取り扱われているカードローンやキャッシングなどの金融サービスを個人で運用している形態。平たく言えばそれが個人融資というお金の貸し借りを行う金貸し屋のことです。

銀行などの審査は信用情報などを見てしっかり行っているため落ちる方もいらっしゃるのが現状ですが、個人融資はその運営者の判断に基づいてお金の貸し借りを行うため審査自体がない個人融資もあります。


○個人融資の運営方法とは○

個人での融資は法律を掻い潜り独断で行われていることが多く国の許可も取らずに運営されているところがほとんどです。本来は貸金業を行う際に国に申請し貸金業者登録番号を取得しなければなりませんが、そのような申請を行うはずもなくさも自分が信頼の高い金貸し屋であるというように見せかけているのです。匿名性の高いインターネット上の掲示板を利用して運営しているため顔も名前も知らないもの同士がお金の貸し借りを行うとあって、金融系のブラックリストに載っている方にはとても多く利用されています。


○だからこそ利用者は後を絶たない○

実際に銀行や消費者金融の審査に落ちた場合は3ヶ月から半年以上はその経歴が残るためその間別の金融機関に審査を申込むことは出来ません。だからこそ金利も審査もその金貸し屋によって異なる個人融資を利用する方は未だに減っていかないのです。

他にお金を借りるあてがなく知り合いに借りることも出来ないとはいえ個人の貸金業にお金を借りることはあまりおすすめ出来ません。お金はやはり信頼性の高い銀行や許可を得ている消費者金融にて借りることが一番です。